【食べた】オーベルジーヌ監修 欧風カレー(日清食品)

ごはん

日清食品 オーベルジーヌ監修 欧風カレーとは?

「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」とは、日清食品が2020年7月13日(月)から全国で新発売したカップメシなんやで。

パッケージには、「KING of ロケ弁カレー」の文字と、「芸能界が唸る宅配カレー専門店」というキャッチコピーが書かれてあるんや。

また、「feat.カレーメシ」っていう言葉もあるから、カレーメシシリーズの番外編という位置づけでもありそうやな。

「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」 (7月13日発売)
日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆) は、「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」を7月13日(月)に全国で新発売します。

 

オーベルジーヌってどんなカレー屋さん?

欧風カレー オーベルジーヌは、東京都新宿区四谷にある宅配カレーの専門店やねんて。

1986年創業で、宅配・ロケ弁・ケータリングを中心に、芸能界から人気があるらしいわ。

関東近郊なら、注文金額にもよるけど配達してくれるんやって。

また、店舗でのテイクアウトもやってるみたい。

詳しいことはホームページをチェックしたらええんやで。

【公式】
欧風カレーの会議食・宅配・ロケ弁・ケータリング・通販のオーベルジーヌです。こだわり抜いた素材と手間ひまかけた仕込みが自慢の「欧風カレー オーベルジーヌ」をお電話一本で出来立ての美味しさをそのままにオフィスやご自宅に届けします。ぜひこの機会に「感動」をご賞味ください。

 

気になる味の評価

「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」の味の評価やねんけど

今までのカレーメシにはなかった変化のある味

やと思うねん。

パッケージに書いてある

「甘みと辛みの絶妙なハーモニー」はウソじゃないわ。

最初は食べたら、おっ甘いなって思ったんやけど、あとあと、そこそこの辛みがやってくるんや。

わいは、カレーメシシリーズをはじめ、カップメシを色々と食べてきたんやけど、

今回の『オーベルジーヌ監修 欧風カレー』はインスタント食品のカレーの中で一番深みのある味を出せてると思ったんやで。

 

この商品を買うべきかどうか

結論から先に言うと、

迷ってるなら、買うべき!

実は、カレーメシ(ビーフ)の希望小売価格 230円(税別)に対して、オーベルジーヌ監修 欧風カレーは、希望小売価格 263円(税別)と、少しだけ高いんやけど、それでもカレーが好きなら、食べてもいいんちゃうかな。

カレーメシは好きやけど、カレーメシ食べ飽きたって人には、特にオススメ。

恐らく期間限定商品やから、売り切れる前にスーパーで見かけたら買っといたほうがいいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました